住宅の購入方式について

皆さんこんにちは。 横浜市鶴見区で活動している横浜鶴見不動産情報館です。

今回は、土地・建物の購入方式についてです。

 

家が欲しいと思いいざ購入にむけて探しだすと、新築住宅、既存住宅、土地の購入などの選択肢があります。

 

一戸建の新築住宅は「注文建築の住宅」と「建売住宅」に分けられます。

 

「注文住宅」は建物を建築士に設計してもらい、施工会社と建築工事請負契約を結んで建ててもらう方法のことをいいます。

 

「建売住宅」は住宅の売主と売買契約を結んで、基本的に設計等が決まった土地建物として買う方法です。

 

土地の購入には、何もない「更地」の場合、「既存建物付き」の場合、まだ更地だが「建築条件付き」の場合などがあります。

 

「既存建物付き」の場合には、そのまま(多少手を入れて)住むケースと、解体して(更地にして)新たに建物を建てるケースがあります。

 

「建築条件付き売地」というのは、 土地の売主が指定する施工会社と一定期間内に建築工事請負契約を結ぶことを条件に、土地を販売する方式のことです。

土地を売ってから建物を建てるので「売建(うりたて)住宅」とも呼ばれたりもします。

期間内に請負契約が結べなければ土地の売買契約も白紙に戻される契約方式です。

形としては注文住宅に似ていますが、あらかじめ建物のプランがつくられていて、自由に設計できる余地がほとんどないケースもあるようです。

また、じっくりとプランを練る事ができる場合には、2~3ヵ月程度の期間を考えておいた方がよいかも知れません。

 

・「建売住宅」の長所と短所

 

立地が良い物件も出やすい。

 

土地建物等の予算が比較的立てやすい。

 

注文住宅と比べて、比較的少ない予算で家を手に入れられる事が多い。

 

すでに建築確認申請によって設計が決まっている為、基本的に間取りや設備の変更はできない、などでしょうか。

 

 

・「注文住宅」の長所と短所

 

間取りや設備等を自由に選択して、希望の家を建てることができる。また、プランニング等に参加する楽しさがある。

 

建売住宅よりも予算的には高くなりがちですが、自分でお金をかけるところとかけないところを選択できる。

 

ただし、土地は別に見つけないといけません。

 

その他、入居するまでにプランニングから、建築確認申請や建築請負契約、打ち合わせをしながらの着工から完工までと、どうしても時間がかかります。

 

 

以上、いずれを選択するかは立地、価格、間取りなどの選択肢にもよりますが、ご自分の建物へのこだわりや希望するところを、しっかり整理して考えていただきたいと思います。

 

土地建物の購入や建築に際しては、税制優遇など様々な制度等もありますので、情報を収集することも必要でしょう。

 

まずはご自分では気がつかない点があるかもしれませんので、専門家(設計・建築・不動産)に相談してみてはいかがでしょうか。