横浜鶴見不動産情報館がおススメする物件照会ラウンジをご利用下さい!

不動産事業者が利用するデータベースと同等の、現在売りに出ている全物件の情報をご覧いただけます!

物件照会ラウンドとは、不動産事業者が利用するデータベースと同等の、現在売りに出ている全物件の情報をご覧のただのサービスです。

 

全国のほぼ全ての物件情報が入手できます。消費者にとって重要なのは「すべての物件が見られる」ことだと思います。物件照会ラウンドでは「現在売りに出ているすべての物件情報」「成約情報」をお持ち帰り頂けます。ぜひご利用ください。

 

物件照会ラウンジでPCを操作している際の写真
当社の物件照会ラウンジではゆっくり家探しが出来ます!

SUUMO 等で出ている情報はあくまでも『広告』です。実は不動産事業者間は『レインズ』という仕組みでつながっていますので、当社ではその情報をきちんと開示致します。

 

その情報をきちんと開示し、当社ではエージェントとして皆様のプラスになる情報提供やマイナス情報もきちんと開示します。ぜひ、横浜鶴見不動産情報館の『物件紹介ラウンジ』を活用して家探しをしてみませんか?!


不動産事業者間が利用する『レインズ』をご存知ですか?!

レインズのトップ画面の写真
レインズのトップ画面の様子

レインズはReal Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称です。

国土交通大臣の指定を受けた不動産流通機構である東日本不動産流通機構、中部圏不動産流通機構、近畿圏不動産流通機構、西日本不動産流通機構の4つの法人によって運営され、全国の不動産業者が加入しています。

 

売却依頼を受けた不動産業者は、結んだ媒介契約の種類によって、物件の情報をレインズに登録する義務があります。登録までの期間は媒介契約の種類によって異なります。実はその情報を見ながら家探しをするとかなり効率のん良い不動産購入が出来るようになります。


『レインズ』の仕組みについて

レインズの仕組みをまとめた写真
レインズの仕組みをまとめてみました

SUUMOなどには一部の不動産が転載されている

ご存知かもしれませんが、SUUMOなどには一部の不動産情報しか掲出されていません。なぜならば不動産事業者が広告費を支払い掲出されるサイトだからです。その為、横浜鶴見不動産情報館ではSUUMO等に掲出されない情報を「レインズ」の仕組みで直接、ご確認いただき、そこにある不動産情報から物件リスクの検証(本当に買ってよいのか)、ファイナンシャルプランの作成、建築士による建物調査(インスペクション)、将来売りやすい物件かどうか(資産性)、耐震性や災害に強い地盤か(安全性)、などさまざまな検証作業に強みを持っていますので、他の不動産事業者よりも積極的に不動産情報開示に努めます。

レインズのデータベースを解説した写真
レインズのデータベースを解説